走る奴なんて馬鹿だと思ってた

松久淳/著 ターザン誌(マガジンハウス・毎月第2第4木曜日発売)にて
2017年6月22日発売号より連載開始

(2018年8月9日発売号にて、全26回で最終回)

100メートルを走れなかった小説家がフルマラソンを走るまで。

30年以上、運動と名づくものはいっさい拒否、虚弱体質極まれり、完全文化系夜型生活を送っていた中級作家。

そんな私が、なぜ意を決して走り始めたのか。50メートルで足がもつれれた軟弱ボディは、何をきっかけに走ることに「はまった」のか。そしていつ、10キロ以上を時速12キロペースで走れるようになったのか。

そして挑んだフルマラソン。その結果は?

という内容ですが、私のことですので、走ることに人生の意義を見出すこともなければ、ランニングについての実用的な記述もひとつもなく、ひたすら、面白さだけにこだわったエッセイとなっております。

そしてそんなお笑いエッセイが、ランニング、健康、フィットネスの総本山「ターザン」誌で連載されるというこの快挙。

全国のランナーの皆様、どうか怒らず、笑っていただけると幸いです。そして、ランニングにまったく興味のない皆様、それでもきっと、楽しい連載になると思います。

マラソンは人生だ。なんて言わないよ絶対。

 

ターザン誌(751号/2018年10月11日発売)のマラソン特集で、対談ページに登場しています

ターザン誌(728号/2017年10月12日発売)で連載についてのインタビューを受けております。ネットでも読めます

走る奴なんて馬鹿だと思ってた” への2件のフィードバック

コメントは受け付けていません。