松久淳オフィシャルサイト週松(自前)表紙 > トップ > もういっかい彼女

 

「もういっかい彼女」

松久淳/著 小学館/刊 定価1,300円(税別) 2015年5月25日発売

amazon.co.jp

インタビューライター富谷啓太は、佐々田順という老作家の取材に赴く。
佐々田は30年前、9作のポルノ小説を発表し、その後は表舞台に出てくることはなかった。
無難なインタビューの最後に、富谷は「過去に戻れたら何をしますか」と聞く。
すると佐々田は、「私はかつて、過去に戻ったことがある。比喩ではなく、文字通りの意味でだ」と告げた。
そして老作家は、その秘めた過去と、不思議な体験を語り出すのだった−−。

猫と、ポルノと、バックギャモン。

それが、小説家が彼女と過ごした日々のすべてだった。
そして再び彼女に巡り会うために、彼は二つの時代を行き来する。

松久淳名義の小説としては、「どうでもいい歌」以来5年ぶりとなります。

 

「もういっかい彼女」関連情報(2016.7.9追加)

週刊ポスト7/15号(7/4発売)に「もういっかい彼女」著者インタビュー掲載。ネット(NEWSポストセブン)でも無料で読めます。

きらら7月号(6/20発売)に「もういっかい彼女」著者インタビュー掲載。ネット(WEBきらら PC スマホ)でも無料で読めます。

王様のブランチ(6/25放送)で、「もういっかい彼女」渋谷TSUTAYAさんでのランキング(第7位)を紹介。

 

「もういっかい彼女」関連情報(2016.5.22)

特設サイトができました(大増量試し読みもできます)。

公式ツイッターができました

出版社の紹介ページはこちら

●「きらら」誌7月号(6月20日発売)に著者インタビュー掲載予定。(WEB版でも無料で読めます

●「もういっかい彼女」の刊行にあわせて、ペットサイト「ペットゥモロー」で、「もういっかいニャニャコ」という連載をしています。(2016年5月16日より/3〜4日ごとに更新/全10回)

 

 

*上はPR用に作られたミニ写真集です。この9点の候補から、書店員さんなどの投票で表紙が決定しました。
こちらで各ページの大きな写真が見られます

 


*上は表紙ではなくPR用です

 

「もういっかい彼女」 連載時情報

松久淳/著 小学館「WEBきらら」にて
2015年6月20日より連載(月刊/無料です)

*下は本の表紙ではなく、連載時のトビラページです。